開発者 松尾光治

             

<開発者プロフィール・松尾光治>

 

略歴

● 東京都出身。早稲田大学第一文学部中退。在学中、早大派遣留学生・国際交流基金(外務省所管)奨学生として米国アイオワ州 Grinnell Collegeに留学。

● 外国語学校バイリンガルにて英会話講師、教材開発。同社ニューヨーク校にて5年間講師および教務主任を務める。

● のち三井物産米国子会社のハイテク企業で総務・システムマネージャー (カリフォルニア、 シリコンバレー)、 営業職(ニューヨーク)として 9年間勤務。

● 2003年に Transtream LLC設立。シリコンバレーの米携帯コンテンツベンチャーの顧客管理を担当。その後通訳と翻訳の世界に入る。米国ニューヨーク州在住。

● まぐまぐ!で殿堂入りメルマガ『テレビCMで英語の省エネ「タメグチ」発音攻略!』を発行中。
●アメリカ英語の音変化(省エネ発音)を攻略する「モゴモゴバスター」、日常生活のイディオム
教材「Let's Speak American (vol.1)」も好評販売中。

 

英語資格試験

英検1級、TOEIC 985点



<開発者からのメッセージ>

こんにちは。Essential Business Idioms (EBI) 開発者の松尾光治です。

このEBIは、私の他の教材をお使いでアメリカで仕事をされている方々からの要望、そして
日本国外、特にアメリカにおける日本人の存在感や影響力を高める一助になりたいという私の願いに基づいて開発されました。

英語ネイティブと英語でビジネスをする限り、言葉の上で対等にはなれないのは、残念ながらどうしようもない事実です。

しかし、アメリカで働いているのであれば、あるいは非英語ネイティブとのコミュニケーションに慣れていないネイティブが
多数派の環境にいるのならば、言葉の面で彼らと同じ土俵に立とうとする努力は必要です。

自分の使っている語彙が外国人には分かりにくいイディオムや口語だったりすることに敏感に気づけるアメリカ人というのは
多くはありません。ことに業務の重要局面で、最大限の集中力が求められる時など、そんなことにまで気をまわしている余裕は
なくても当然でしょう。

私達だって、たとえば「会議中は漢語は使わないで話してくれ」とか、はたまた「できれば新人には日本語検定2級レベルの5900語
以内の語彙だけで指示を与えて下さい」等と言われても何をどうしたらいいのか困ってしまうのではないでしょうか。

ですから我々のほうから歩み寄って行く必要があります。

大半のアメリカ人は外国語を本気で学ぶ必要性が無いので、外国語習得に苦労した経験もなく、それがどれだけ大変なことか、
という実感を持てません。だから、あなたがすでにそこそこに英語が出来るのであれば、自分が何を話しても分かってくれるものだと
思い込んでしまう場合も多いです。

そう考えると非常に癪に障りますし(笑)、不公平だな、とも思うのですが世の中の不公平にいちいち憤っていたら仕事になりません。

とりあえず英語で業務をこなせる段階から先に進まないと、仕事をすればするほどネガティブな要素が蓄積されがちです。
小さな勘違いや誤解、気持の行き違いが積もり重なっていくと、仕事の効率の悪さやフラストレーションのために
職場のQOLが悪くなります。取引先の信用を失ったり、大きな損失にも結び付きかねません。

そして何よりも、あなた本来の実力を十分に発揮することが難しくなります。

「君は屁理屈も含めて、実によく喋るけど、君の言葉を分かるように、私も努力してあげるから、
君のほうもなるべく分かりやすく話して欲しい。私が言葉の面で質問したら、嫌な顔をせずに答えて欲しいね。
あと、私と働いているうちに阿吽の呼吸や、空気の読み方も体得してくれる嬉しいもんだ。」

この教材でイディオムを学びながら、そんな心持でネイティブ達と向かい合って頂ければ素晴らしいです。

  松尾光治

 

P.S. ご質問などあれば、ご遠慮なくご連絡ください。(お問い合わせはこちらを)

 

 

サンプル音声を、もう一度聞いてみる

教材の全体像を、再度確かめる

よくある質問

お申込みページ

個人情報保護